こんにちは、コラムニストのおおしまりえです。

#ユニクロ を始め、最近ではしっかりした素材や高いデザイン性を叶えた #プチプラ 服も増えています。
とはいえ、なんとなく年齢が上の人ほど、「年齢と共に洋服も価格も形もアップデートすべき」といった先入観に縛られている人が多いように感じます。

ぶっちゃけ、ビジネスにプチプラはアリなのか? また、「高見え」や「安っぽい」それぞれの理由を、女子SPA!でもおなじみのスタイリスト、角佑宇子さんに教えてもらいました。

◆大人も「ビジネスにプチプラ服」はアリ!

「大人の女性でも、ビジネスにプチプラを着ることはアリです!」
まず最初に、明確なOKを出してくれた角さん。アラサーでも #アラフォー でもアラフィフでも、プチプラ服をビジネスシーンで着ることは全然問題ないことだといいます。

「ユニクロはもちろん問題ないですし、最近ではGUもオフィスカジュアルに向けた商品が、ここ数年増えつつあります。GUはもともと若い方向けのアイテムが多かったのですが、最近は上品なセットアップやシルエットがキレイに見えるパンツなども展開されており、明らかにビジネスシーンを意識しています。こういったアイテムなら取り入れるのはおすすめです」

他にもプチプラでおすすめなものは、しまむらならTシャツ・デニムといったベーシックなカジュアルラインをビジネスシーンで上手く活用するのもおすすめだといいます。
お財布にもありがたいプチプラ服ですが、OKだからといって何でも取り入れて良いかというとそうではないといいます。

◆プチプラのビジネス使いで、安っぽく見えないための注意点

「大人女性がプチプラ服を取り入れる場合、安っぽく見えることを避けたいならいくつか注意点があります。1つは、プリントの柄物は避けるということ。柄のプリントは価格に模様の複雑さが反映されがちなため、安っぽさが出やすいんです。花柄も多色使いならまだ良いのですが、単色の花柄だとプチプラ感が出てしまいがちですので、避けた方が良いでしょう。

また、プチプラをビジネスシーンに取り入れるなら、トレンドの真ん中をいくようなトップスは失敗しやすいケースが多いです。最近だとパフスリーブのトップスが流行っていますが、ギャザーの入り方や縫製といった細かい部分が、明らかに若い人向けになっており、大人女性が着ると『あれ?』と見えてしまうこともあります。流行のアイテムは繊細なニュアンスの違いが出やすいので、どうしても価格の差が見た目にも反映されやすいんですね」

いわゆる遊び心が出るタイプの洋服であるほど、細かいディテールに価格差が出やすいということ。プチプラは無地やベーシックなアイテムでの活用が良いそうです。

◆プチプラ服で避けるべき「色」「素材」は?

「素材から醸し出されるシルエットと色についても、安っぽさが出やすい要素なので気をつけて見ていただきたいところです。例えば色については、ケミカルな色味が強いとプチプラ感が出やすいです。最近はどのメーカーも色については改善されてきていますが、くすみやニュアンスのある色などであれば安心です」

素材についてはどんな点に気をつければ良いのでしょうか。「一概に『この素材は安っぽい』という言い方はできないのですが、柔らかなものや薄手のものは、安っぽさが価格に反映されやすい傾向があります。具体的には薄手のTシャツやシャツは、シルエットがキレイに見えにくくプチプラ感が出やすかったりします。逆に薄手でもプリーツスカートなどは高見えしやすい傾向があります。プチプラ服を選ぶ際は、素材の色味と厚み、アイテムのカテゴリである程度判断をしていくと、効率的な買い物ができるかもしれません」

≫ 続きを読む