美容ちゃんねる

モテ女子をめざす貴女のための最新情報

【着飾る恋】好きな人と結ばれるために「守るべき条件」

※このコラムには『着飾る恋には理由があって』エピソード第9話までのネタバレが含まれます。

(c)TBS

陽ちゃんの突然のプロポーズに「やっぱりお前はダメな女をさらにダメにさせる男だ……」と確信を抱きつつ、それ以上に怒涛の展開だった真柴、駿、葉山社長の三角関係に切り込んでいきます!

当て馬だったはずの葉山社長がめちゃくちゃ差してきて、このレースもうどうなってしまうのか……。

■拍子抜けするほどあっさり解決のレストラン騒動

(c)TBS

前回、真柴(川口春奈)は駿(横浜流星)と行くはずだったレストランを、その恋敵・葉山社長(向井理)と楽しみ、駿にはどのように釈明するのか。また、二人の間でさらなるすれ違いが巻き起こるのでは? と期待していましたが、なんとまぁ拍子抜けするほどにあっさりと鎮火しましたね(第8回コラム参照)。

駿は真柴に対し誰と行ったか知らないフリを通してお詫びのバケットサンドを作り、今後はすぐに連絡を取れるようスマホを持つと改善策を提案して謝罪。一人で行ったのか、誰か相手はいたのかを真柴に聞いて試すようなこともしませんでした。

真柴は真柴で行った相手には触れず、「昨日の写真、藤野さんに見てほしくて!」と社長と行ったことには一切後ろめたさを感じていない様子。

駿も食事の間に自分のことを一番に思い出してくれていたことを知ってうれしくなり、この問題はわだかまりなく解決した模様。ええ……それでいいのか? いいならいいけど。

葉山社長は駿に「どうしてこなかった!?」と詰め寄っていましたが、彼のことだから遅れてでも駿がやってくることも想定していそうですよね。その場合、「え⁉︎ フルコースの途中で気づいたら客が入れ替わっている!?」とレストランのバックヤードで店員がざわつき困惑する新しい演出も見てみたかった……。

■「着飾る真柴」と「着飾らない真柴」

(c)TBS

真柴がインスタで紹介したバッグが、実は別ブランドの模倣デザインだったことが発覚し、ステマ疑惑騒動に発展。アカウントに心ないコメントが大量に寄せられ大炎上してしまうことになりました。そのせいで仕事まで歯車が狂いだし、全てにおいて自信を失ってしまった真柴を心配して様子を見に来た葉山社長。

「多分調子に乗っていた。フォロワーのために着飾り、流行り物に飛びついて……」と着飾ってきた理由を吐露する真柴に、「真柴のそういうインスタは見ていて楽しかったし、着飾って気持ちを鼓舞する幸せもある。間違っていない」と着飾る真柴を全肯定して励ましていました。

一方、以前の駿は「着飾る必要はない。何もせずそのままでいい」と着飾らない真柴を肯定していましたよね。真逆の真柴の在り方を肯定してくれる男性二人を前にし、ラスト真柴はどちらに傾くのか。

■真面目すぎて真柴のメンタルをぶっ殺した駿

(c)TBS

その頃駿は、北海道でのレストラン出店の話をもらい、函館に行くか否か悩んでいました。

その話を聞いた真柴は、炎上でメンタルが崩壊している最中なので「全てを捨てて駿について行こうかな……」とぽろりと漏らし肯定を求めるものの、駿に「仕事がつらいからって逃げるな」とど正論で現実と向き合うことを促された挙句、「今こんな感じで一緒にいてもダメになる」という一言で完全に精神崩壊のとどめを刺されてしまいました。

一人で先にバスに乗り帰る真柴を追いかけ、またも届かない「くるみーー‼︎」を叫ぶ駿の虚しさよ(前回に続き2回目)。

駿の言うことはごもっともだし、自分の経験からの本気のアドバイスなんだとは思うんですが、追い込まれてる時って冗談でもいいから「一緒に来ちゃう?」「仕事やめるかー!」とか軽口叩いて心和ませてほしい時もありますよね。

「無責任なことは言えない」とど正論をぶん投げてましたが、それが正しくとも正義ではないこともある。

仕事も生き甲斐も失いそうな時に、残った唯一の居場所である彼氏にまで「このままじゃ二人の関係もうまくいかない」なんて言われたらどうでしょう。自分の大切なものを全て失ったような気持ちになり、救いがなさすぎて苦しくなってしまいます。

この世で彼女が弱音を吐いた時にど正論で叱咤激励していいのは松岡修造だけです。

スランプに陥ってるわけだから、今は軽く冗談で流して心を軽くしてあげることだけに注力し、インスタと仕事という目の前の問題を解決してから、二人の関係について本音で未来の話をするべきだったのかな、と思いました。

ましてや根が頑張り屋の真柴、根本が解決したらきちんと正しい道を選べる子のはずですからね。

■100点のルックスと対応で真柴を慰めた葉山社長

(c)TBS

同じく真柴が「もう逃げたい」と本音を打ち明けた時の社長のフォローはスマートでした。メンタル崩壊後、誰かに頼りたいけれど誰も連絡がつかず、最後にすがった結果即レスをくれたのが葉山社長でした。

つらい時に彼氏じゃない他の男、しかも彼氏の一番のライバルを頼るっていうのはまた賛否両論ありそうですがそれはさておき、涙する真柴を通行人から見えぬようその小顔かつ長身のえげつないボディでスマートに隠し、「大丈夫か?」「大丈夫です」「大丈夫じゃないんだろ。笑ってくれないと困るよ」と優しく抱き寄せるという……。

もーーーーーーーー100点!!!! 100万点!!!!!!!!!!!

つらい時にど正論のアドバイスはいらんのよ。とりあえず一旦心地良い言葉で心を落ち着かせてくれればそれでいいんです。解決策は心が落ち着いてから考えるから!!

女の「大丈夫」は大体大丈夫じゃないのを分かってるのも最高‼︎ と真柴に感情移入しすぎてしまいましたが、弱った女への100点の対応と100点のルックスを見せつけてくれたのでした。

■ハプニングの割にタイミングが悪すぎる二人

恋に必要なのは、タイミング、フィーリング、ハプニングとは言いますが、真柴と駿はハプニングはよく起こる割にタイミングが悪すぎません? レストランにしても今回の真柴を支えるチャンスにしても、タイミングは全部社長に持っていかれているという……。

付き合い始めって、楽しくて何をやってもうまく行く時期で、羽瀬ちゃん(中村アン)と陽ちゃん(丸山隆平)みたいな感じになるもんだと思うんですが、なんだか意思疎通がことごとくうまくいかず……。

もし駿が函館のレストランに行くことに決めて遠距離となった場合、今以上にすれ違ってけんかが勃発しそうな予感……。

■駿と真柴がうまくいくにはストラップを燃やせ

(c)TBS

駿と真柴がうまくいくには、「真柴は社長に頼るのをやめる」「悪気がないとはいえ駿の前で社長の話は一切しない」(これらで何度も駿を傷つけすれ違いの火種になっている)、「社長にもらった豆柴ストラップは燃やす」、「二人とも素直になる」、「駿が北海道で成功し社長に負けていないという自信をつけ、真柴は尊敬の気持ちを持つ」。

これらの要素がそろって初めてカップルとしてそこそこうまくいくのでは? と思います。それでもやっぱり二人の性格的に、お互いの気持ちのすれ違いやけんかはそこそこ起きそう……。

■真柴は葉山社長の方が相性がいい説

実際真柴は葉山社長の方が交際相手として相性が良く、うまくいくと思うんですよね。基本的に尊敬しているから社長の考え方やスタンスは全肯定だし、ちょっと抜けてるところも許容した上で元々好きだったわけですし。

社長もできる男なので押さえるところは毎回しっかり押さえている上、失踪以外に二人の関係においての減点要素がない。各地を飛び回ってはいるけど、常に連絡はマメですしね。

ドラマとしては駿とうまくいくのが定石でしょうが、リアルだったら社長とうまくいのが現実なんでしょうね。

最終回予告では全員の笑顔だけが順番に抜かれていたので、きっとみんなが笑って終われるハッピーエンドになっているはず! 楽しみです!

(やまとなでし子)

#恋愛 #マイナビウーマン


【着飾る恋】好きな人と結ばれるために「守るべき条件」