美容ちゃんねる

モテ女子をめざす貴女のための最新情報

告白する時に「赤いチューリップ」を買うべき理由

春に花咲く、チューリップ。現在は世界中に5600種あるといわれ、色や咲き方に多くのバリエーションがあり、見る人を飽きさせません。

今回はそんなチューリップのちょっと悲しい伝説や歴史、色別に見る花言葉などをご紹介します。

■チューリップってどんな花?

原産国は地中海から中央アジアで、トルコでは特に愛されている花です。

トルコでは「ラーレ」と呼ばれ、唯一神の「アラー」と同じ文字を使うことから、チューリップを神の花としてあがめたとされています。

また、花の名前もトルコの人々がかぶっている帽子「チューリバン(ターバン)」が語源だそう。

そんなチューリップがヨーロッパに広がったきっかけは、1554年のトルコ駐在大使だったオーストリアのビュスベックが紹介したことから。

その後17世紀のオランダでは、チューリップ狂時代と呼ばれる歴史的ブームが起こりました。チューリップは投機の対象となり、この球根1個が、結婚の持参金や、家1軒と同じ価値があるとされたとか。

オランダでのブームからフランスにも伝わったチューリップは、宮廷の貴婦人たちが競って胸に着けるほど人気が出たそうです。

■色別にひも解くチューリップの花言葉

ここからは色別に花言葉を紹介していきましょう。

◇赤いチューリップは「愛の告白」

花言葉は、オランダのチューリップにまつわる伝説から。

3人の騎士からそれぞれの家宝、王冠、剣、黄金を贈られてプロポーズされた少女が、1人を選ぶことができず、騎士たちが争わないで済むように、女神に頼んで自分の姿を花に変えてもらいました。

その際、王冠は花に、剣は葉、黄金は球根になったといわれています。

この伝説から「愛の告白」という花言葉が付けられました。赤のチューリップには他にも「永遠の愛」という意味もあります。

親しみやすい春の花ですが、実は告白にもぴったりなんですね。

◇ピンクのチューリップ「愛の芽生え」

実は愛にまつわる花言葉も多いチューリップ。

ピンクのチューリップには「愛の芽生え」という花言葉があります。

「気になってるよ」というニュアンスで思いを伝えたいなら、「一目ぼれ」「可憐」「友情」などの花言葉も持つクジャクアスターと共に贈るといいかもしれません。

◇白いチューリップ「失われた愛」

元気なカラーが多いチューリップですが、白は憂いの表情を見せてくれます。オランダの伝説でも、3人の騎士による愛の告白はハッピーエンドにはなりませんでした。

白いチューリップには「失われた愛」の他にも、「許してください」や「純真」などの花言葉もあります。

別れてしまったけど復縁したい人や、恋人に謝りたいことがある人は、「私は誓います」や「絆」の花言葉を持つオオデマリと一緒に渡すといいかもしれません。

◇紫のチューリップ「不滅の愛」

ぐっと大人っぽい雰囲気を見せる紫のチューリップは、年上の恋人に贈るのにもぴったり。

「不滅の愛」の他にも「気高さ」という花言葉もあります。

◇オレンジのチューリップ「永遠の愛情」

燃えるように鮮やかなオレンジ色のチューリップには、「永遠の愛情」という花言葉があります。

◇黄色のチューリップ「望みのない恋」

黄色のチューリップには「実らぬ恋」もあり、完全にネガティブな花言葉です。

愛の花の象徴でもある薔薇も、黄色は「嫉妬」という花言葉があります。黄色の花にネガティブな意味合いが付くことが多いのには、歴史的な背景が。

ローマ帝国時代、黄色は皇帝の色でした。

当時はキリスト教が迫害されていたため、その後キリスト教が広まってからのヨーロッパでは、ローマ帝国による弾圧時代を思わせる黄色の花に、否定的な花言葉を付ける傾向があったようです。

花言葉に意味を持たせて贈る時は、黄色のチューリップは避けた方が無難かもしれません。

■品種や咲き方別にひも解くチューリップの花言葉

チューリップは、品種や咲き方によっても花言葉が変わるようです。

◇アンジェリケのチューリップ「魅惑」

従来の品種とは違い、ボタンの花のような、八重咲きのふんわりした形のアンジェリケ。

淡いピンクがかかった色も、落ち着いているのにかわいらしくて、女性に人気です。

その花姿にふさわしい「魅惑」という花言葉は、ちょっとミステリアスで魅力的な女性に贈るのにぴったり。

「華麗」や「気品」の花言葉を持つダリアや、「完璧」「完全」などの花言葉を持つパイナップルリリーなどと組み合せて、相手を褒めたたえたい時に選んでみてはどうでしょう。

◇パーロット咲きのチューリップ「愛の表現」

花弁の周りに深い切れ込みやねじれがあるパーロット咲き。ねじれ部分が揺れるレースのように見え、躍動感や愛らしさが際立ちます。

組み合わせの花としては、「永遠に続く愛の絆」の花言葉を持ち、赤色には「私を信じて」という意味もあるストックをおすすめしたいです。

自分が好きなチューリップを見つけてみては

愛の言葉の多いチューリップは、花束にしてもすてきですね。

チューリップは、紹介したもの以外にも、八重咲き、ユリ咲き、フリンジ咲きなど個性的な咲き方をするものが多くあります。

今までも身近な花だったと思いますが、色や形の違いに着目して、お気に入りの品種を見つけてみても楽しそうです。

(さかもとみき)

※画像はイメージです

#ライフスタイル #マイナビウーマン


告白する時に「赤いチューリップ」を買うべき理由