美容ちゃんねる

モテ女子をめざす貴女のための最新情報

小関裕太「10代の頃はコメディに苦手意識」 克服したキッカケは…

福田雄一さんの上演台本・演出によって日本でも大人気となったミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT』が主演に山田孝之さん、共演に賀来賢人さんらを迎えて来年1月に帰ってきます。ここでは、ロビン卿役で出演する小関裕太さんに、舞台の醍醐味や作品への意気込みをお聞きしました。

僕らの仕事は現場でいかに戦うか。それが必要な場面ほど奮い立つんです。

前回福田さんとご一緒させていただいたドラマが、すごく自由度が高くて楽しかったんです。「思いついたらやっていいよ」というリラックスした空気で、「ここ回っていいですか?」って勝手にターンさせてもらったりして(笑)。あの時の感覚を思い出すと、今回もいろんなことがやれる気がしていてワクワクします。

子役からやっているという環境もあって、アドリブ芝居が好きなんです。舞台で予期せぬハプニングが起きた時に、上手くアドリブで繋げられた時がすごく嬉しかったりして。僕らの仕事って現場でいかに戦うかですし、そういう場面ほど奮い立つんですよね。ただ、10代の頃はコメディに苦手意識がありました。人の気持ちを汲み取ろうとしすぎて空回りするほうで、「なんでやねん!」ひとつも上手くツッコめない。それを変えてくれたのが、重岡大毅くんと矢本悠馬くんです。関西人のおふたりが時間を割いてツッコミの練習をしてくださって、そこから積極的に行けるようになったし、コメディへの抵抗もなくなりました。その悠馬くんとの共演も楽しみですね。

今回の作品って、歌の技術が高ければ高いほど笑えると思うんです。これまでなかなか自分の思い描く声が出せずにいたんですが、少し前にあったCD収録の最中に、歌声がすごく変わりました。いろいろ試してはいたんですが、ある瞬間、過去に歌の先生や演出家の方に言われてきたことが一気に繋がったんですよね。この延長線上に、僕の憧れる“上手くて面白い”があるはずだと思って臨みたいです。

大切にしている言葉

印象に残っているのは、19歳の時に、お世話になっているメイクさんからもらった言葉です。当時、NYに行きたいけれど、ダンスを学ぶとかお芝居を学ぶとかの理由もないし…って、踏み出せずにいたんです。そしたら、「理由を探してから行くんじゃなく、行った先に理由があるんだよ」って言われて。思い切って行ったNYで、ブロードウェイの舞台に衝撃を受けて、明確な自分の目標が見えたんです。いまもその時の言葉は大切にしています。

こせき・ゆうた 1995年6月8日生まれ。東京都出身。近作に、主演ドラマ『死亡フラグが立ちました!』、ドラマ『オートリバースの恋』、映画『シグナル100』など。出演する映画『みをつくし料理帖』は10月16日公開予定。

ミュージカル『モンティ・パイソンのSPAMALOT』featuring SPAM(R)とは? 2021年1月より、東京、大阪、福岡で上演。ナンセンスな笑いで人気を博したイギリスのコメディグループ、モンティ・パイソン。彼らが手掛けた映画を、メンバーのひとりエリック・アイドルらが自ら“パクって”ミュージカルを制作。’05年にトニー賞最優秀ミュージカル賞を受賞した作品で、日本では福田雄一さんの上演台本・演出により’12年、’15年に上演。今回が再々演となる。

※『anan』2020年9月23日号より。写真・内田紘倫(The VOICE) 取材、文・望月リサ 撮影協力・AWABEES

(by anan編集部)

#エンタメ #anan


小関裕太「10代の頃はコメディに苦手意識」 克服したキッカケは…